夏 手汗対策

夏の手汗対策について

夏になると、電車のつり革をつかむのが憂鬱になるという方も多いと思います。理由はもちろん手汗。特に女性の場合、手汗の悩みを持っている事を人に話すことができず、一人で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

■手汗は夏の方が多いの?

 

手汗をかく理由は2つあります。

 

一つは緊張やストレスで交感神経が刺激されること。
もう一つは手の温度を下げる事

 

一つ目の交感神経の刺激の場合、特に夏も冬も関係ありませんから手汗は夏も冬も両方かきます。でも二つ目の温度管理の場合、夏の方が気温が高いですから、温度管理においては夏の方が手汗が多くなります。

 

ですから全体としては夏の方が手汗が多いですね。

 

そんなわけで、夏に手汗に悩む方が多くなりますが、冬も手汗をかく人はかくという事実がある事をまずは覚えておきましょう。

 

■結局対処療法しかない

 

手汗を根本から治すためには、脇の下の汗腺を切ってしまう手術やボツリヌス菌を手のひらに注射するボトックス注射などの方法しかありません。
これらの手術や注射には副作用があり、それで逆に困ってしまう方も多数出ているので、それほどお勧めではありません。
となると、手汗対策グッズでの対処療法が最善の策になります。

 

■日本で売れている制汗グッズで一番効くのはコレ

 

なかなか使っても効果がないのが制汗グッズ。その中でも最も効くと評判なのが、デトランスα日本の規制にとらわれず、制汗成分が25%も配合されているので、かなり効果があります。夏の手汗対策に一度使ってみるのも一つの手ですよ。