手のひら多汗症 治し方

手のひら多汗症の治し方

手のひらに汗をかいてしまい悩んでいる方も多いですよね。

 

手のひらに大量に汗をかいてしまうのは、病気とかではなく、手掌多汗症という症状の一つです。

 

この手掌多汗症にはレベル1〜3があり、3が最も汗をかくというれべるになっています。このレベルや症状にもよるのですが、手のひらの汗はある程度自宅でもなんとかなります。

 

■症状を抑えるためには?

 

手のひらの汗を抑える方法はいくつかありますが、効果的なのは、汗腺の出口に蓋をして強制的に汗を出なくする制汗剤による方法です。手っ取り早いのは市販で売っている制汗剤を使う事ですね。制汗剤の中には、塩化アルミニウムという成分が入っており、この成分が汗腺の出口に蓋をして汗を出にくくするのです。

 

■塩化アルミニウムのメリット

 

塩化アルミニウムは、制汗効果という点では抜群に効果があります。ですから、もし、今まで制汗剤を使ったことがあるけど効果があまりなかったという方は、成分を見てみてください。塩化アルミニウムを使っているかどうか?そして何%くらい配合されているのか?おそらく過去に制汗剤を使ったけど効果がなかったという方は、この塩化アルミニウムを使ってない制汗剤なのではないかという推測ができます。

 

■デメリットは?

 

手の皮膚に対して刺激が強いです。ですから、人によってはかゆみを感じたり、赤くなってしまったりする場合があります。手のひらの場合は特に大抵の方はそれほど刺激に左右されないと思いますので、一度使ってみて試してみる価値はあります。本サイトでは、塩化アルミニウムを配合した手のひら専用の制汗剤をご紹介していますので、良ければ参考にしてみてください。

 

手のひら多汗症を治した制汗剤はコレ